<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あみぐるみと羊毛のちいさなせかい | main | もうすぐです。。。 >>
息子のこと。

イベントが近いので
手仕事もぼちぼちと頑張っていますが、

あたしの記録としての
育児日記を・・・
長いので読まない方がいいかもしれません。。。
(疲れるかと・・・)

あたしの身近なお友達だけ、よろしくです。
きっと、きっとわかってくれると。。。

息子とのふたりの時間。

長時間になると
あたしにすごく余裕がないと
苦しい、と思ってきたのです、これまで。

固執や執着の強い方の息子で
彼の意思にそぐわない場合
彼が折れることはないので
こちらが折れることをひたすらに学びました。

そして何度となく「空気の読めない発言、行動」に
毛を逆なでられ
これまで感じたことないほどの怒りがこみ上げることもしばしば。

ココにこんな風に書けるようになったのは
あたしの成長でもあり
ひとつの道が見えたから。


1歳になる前
小さな車に小さな人がセットになったおもちゃを頂きました。
きちんと乗れる設定ですが
車も人も小さいゆえに乗せるのが難しい・・・
1歳の息子本人が乗せるのは大変。
そこで親の出番。

人を乗せて。ちゃんと前を向かせて!4人乗せて!!

言葉ではなくジェスチャーで(ひっくり返って泣きわめいてました)
指示してきました。

夜中12時を過ぎ
金次郎さんも眠くてどうしようもなく

もう勘弁してくれ〜

でも勘弁してくれる息子ではなく・・・

おもちゃは隠しました。


そんな頃から
こういうのが普通なのか?と思いました。
成長の過程でいろんなこどもとママ友に出会いました。

こんなもんでしょ。頑固なのはあなたも一緒。遺伝だよ(笑)

なんて言われたり(笑)


でもそれでも
息子と同じ気持ちを共有できていない、そういう感じを
ずーっと抱きながら10年が過ぎました。

最近ですが息子に

あなたとは一生わかりあえることはないね!

と罵ったこともあります・・・



先日見たテレビで
開いた口がふさがらなくなりました・・・。

息子とそっくりな症状の「発達障害」

金次郎さんには何度も何度も何か障害があるんじゃないか、と
話してきたけれど
彼は

もしそうだったとして、だったら何?
何が変わるの?
俺は何も変わらない。
だから調べる必要もないし
そんな話聞きたくもない。

冷たい言い方をされましたが
彼はこの後

せっちは人より出来るようになるのが遅かったり
人と違っているかもしれないけど
焦る必要なんてあるのか?
せっちに合った対応を俺達がすればいいだけだろう。

と。

彼の最愛の息子です。
どんなに息子が執着してわめいても
そんな息子ときちんと向き合ってくれた人です。

だから
あたしの母としての努力や
息子への理解が欠如している、と思いました。


金次郎さんは賢い親だと思います。
障害があろうとなかろうと
こどもときちんと向き合う姿勢が常に柔軟で
自分の意見を押し付けることがない。
別に彼をヨイショしているわけじゃなく
彼から親学をひたすら学んだ10年だったと思うんだけど。

それでも要領の悪いあたしは
息子との向き合い方をきちんと知りたいのです。

あたしたちの手を離れたとき
きちんとひとりで生きていけるように・・・


そして出会いは必然だと、思いました。
娘の通う幼稚園の園長先生は
経営者ではなく教育者。
この人なら、と息子のことを相談しました。

今、つくづく相談してよかったと思うのです。

本人も自分の特性を理解して成長する必要がある、と。
学校とのネットワークも必要になることもあるのでは、と。


きちんとした検査などは夏休みに予定しています。
今はまだ何とも言えないけれど
もし障害であってもなくても
彼が不得意とする分野
「聞いた話を理解する」は今まで散々言うだけだったけれど
紙にきちんと書いて説明したり
彼が混乱したりするような予定の突然変更は避ける必要があるのかな・・・なんて。

ただ、不得意ばかりではなくて
きちんと得意な分野もあって
算数が得意です。
算数というよりは数学。
難しい数列や、図形の問題はゲームと同じ感覚。

もし伸ばしてあげることが出来るなら
得意を自信に変えてあげたい。
凡人のあたしが息子の少し鬼才的な数学論を理解できるか
そこにかかってますが・・・
(イイ先生を探さなくては・・・)


長く書きました。
ココまで読んで下さった方はわずかと、思います。
読み返して、自分しかわからない文章だな、と。
本当に申し訳ないかぎり。。。

息子育児が始まったのはこの夏だという記録です。
彼が成人するまであと10年。
ダメな母さんからできる母さんに!という決意の日記です。

スポンサーサイト